50cc Motorcycle

手続き

排気量125cc以下のバイクの様々な手続きを紹介しましょう。中型以上のバイクと違い、125ccまでは市町村の役所で行います。間違って陸運局に行かないようにしましょう。必要経費や手続きの仕方を説明していきます。面倒くさがらずに、きちんと手続きは済ませておきましょう。

名義変更

名義変更は、バイクの所有者を変更する手続きです。原付バイクを購入するときだけではなく、誰かからバイクを譲ってもらったときにも名義変更を行わなければいけません。登録や申請に必要な手数料やナンバープレートの代金はかかりません。

必要書類

名義変更に必要なものです。1つでも欠けていると名義変更できませんので注意しましょう。

必要書類

詳細

廃車証

名義変更する際は1度廃車にしなければいけません。旧所有者が用意します。

譲渡書

バイクを譲るという譲渡書が必要です。旧所有者が用意します。

自賠責保険証明書

期限が有効になっているもの。

軽自動車税申告書

市町村の役所で取得できます。

標識交付申請書

市町村の役所で取得できます。

身分証明書

運転免許証や保険証を用意します。

印鑑

申請者の印鑑が必要です。

記入が必要な書類全てに記入して、市町村の役所に提出します。10分程度で標識交付証明書とナンバープレートを受け取ることが出来ます。

住所・氏名変更

原付バイクに乗っている人が引越しをしたり、結婚して氏名が変わったときには変更届けを出さなければいけません。同じ市町村の中で住所や氏名が変わった場合、電話連絡を役所に入れるとそれで済む場合もありますので、まずは電話してみましょう。

別の市町村に引っ越した場合

それまで住んでいた市町村から違う市町村に引越しした場合、また、結婚をして氏名が変わり、それまでと違う市町村に移った場合など、変更届が必要です。必要なものは、ナンバーを交付してもらうときにもらった標識交付証明書、印鑑、軽自動車税申告書、標識交付申請書、身分証明書です。

一時末梢

長期間バイクに乗ることがない場合、一時的にしようを中止する手続きをとっていれば、次年度からの軽自動車税がかかりません。ナンバーを交付されたときにもらった標識交付証明書と廃車申告書、印鑑が必要になります。これらをナンバープレートと一緒に窓口に提出します。

中古車新規登録

一度使用中止の手続きをとった原付バイクに、再び乗ることになったら中古車新規登録をしなければいけません。同じ人物が登録するのであれば1人で手続きが出来ますが、違う人が乗る場合は上記の【名義変更】の手続きをとります。


自分が乗る場合、一時末梢の手続きをとったときの廃車証と期限が有効になっている自賠責保険証明書、軽自動車税申告書、標識交付申請書、印鑑が必要です。

廃車

壊れてしまって修理不可能、もう2度と乗ることがない場合、廃車手続きが必要です。手続きをしなければ、乗らないバイクなのに、軽自動車税がいつまでもかかってしまいます。ナンバーを交付されたときに発行された標識交付証明書と廃車申告書、印鑑を用意して、役所の窓口に提出します。もし、バイクが不要になって解体する場合、廃車手続きをとってから解体に出してください。

盗難

年間20万件は発生していると言われているバイクの盗難ですが、まず警察に盗難届けを出さなければいけません。その後、自動車税がかからないよう、市町村の役所で一時末梢の手続きをしなければいけません。もしナンバープレートが残されていた場合、一緒に窓口に提出します。

ナンバープレートの紛失

自分で紛失することはないと思いますが、ナンバープレートだけ盗難にあうこともあります。この場合、再発行の手続きをしなければいけません。他の手続きは無料でできますが、ナンバープレートの再発行には登録・申請等の手数料として、1,500円程度かかります。必要なものは廃車申告書、標識交付申請書、標識交付証明書。印鑑と身分証明書です。これらを窓口に提出すると、新しいナンバープレートを発行してもらえます。