50cc Motorcycle

保険

原付バイクは気軽に乗れるからと言って、全く保険に入らなくてもいいというわけではありません。自動車と同じで、自賠責保険に加入しなければいけませんし、できれば任意保険にも加入しておいた方がいいでしょう。自分のためでもあり、もしものときの相手のためでもあるのです。

自賠責保険

俗に自賠責と呼ばれている保険は、『自動車損害賠償責任保険』のことです。自動車だけではなく、原付バイクにも加入が義務付けられている損害保険です。原付バイクに車検はありませんが、自動車の場合、有効な自賠責保険に加入していなければ、車検を通すことはできません。

どんな保険?

自賠責保険は、交通事故を起こした場合、被害者へ補償をする保険です。自賠責保険に加入していることで、損害賠償金を捻出することができます。

メリット

  1. 被害者に過失があっても、過失相殺の減額が少ない。
  2. 加害者の家族が被害者になっても保険金が支払われる。

デメリット

  1. 保険金の上限が被害者1人につき死亡3,000万円、後遺障害4,000万円までと低い
  2. 人身事故のみにしか対応していない。
  3. 加害車両の保有者や運転者には保険金がおりない。

このように、被害者に対してしか保険金が支払われないので、それを補う任意保険に加入する必要があります。

注意しなければいけないこと

同じバイクでも、排気量が250ccを越えるバイクには車検があり、その都度自賠責の契約も更新します。250cc以下のバイクには車検がなく、気づいたら自賠責の有効期限が切れていたということが多々ありますので注意が必要です。一部のコンビニエンスストアや郵便局でも更新手続きができますので、期限が切れる前に更新しましょう。

自賠責保険は義務として加入しなければいけないものですが、加入せずに自動車や原付バイクを運転した場合、無保険運行として、1年以下の懲役又は50万以下の罰金、道路交通法上の違反点数6点が加算され、運転免許の停止や取り消し処分がされます。

自動車損害賠償補償事業

一般的には『政府保障事業』と呼ばれていて、ひき逃げなどで加害者が特定できない場合、加害車両が自賠責に加入していなかった場合などは、被害者が自賠責を使った損害賠償を受けることができないため、政府は自動車損害賠償保障法に基づいて、自賠責の支払い基準に準じた損害額を被害者に支払う、自賠責保険を補完する国の事業です。これは損害賠償金を国が立替払いしたにすぎませんので、加害者が特定される場合は、後から加害者に請求されます。損害保険会社の窓口で、政府保障事業に対する請求を受け付けています。

任意保険

任意保険は強制加入ではありませんが、自賠責保険だけでは必要な補償額を出すことができないときの為に、任意で加入する保険です。自賠責保険が被害者に対して保障する保険に対し、任意保険は同乗者や自損事故などにも対応しています。


自動車の任意保険に加入していれば、原付バイクの場合はファミリー特約に加入することで、原付バイクの分の任意保険として適用されますので、加入しておいた方がいいでしょう。

対人賠償

歩行者や同乗者を事故で死傷させ、法律上の損害賠償責任が発生した場合、支払い額が自賠責保険で保障できる金額を超えた部分に対し、支払われるものです。

対物賠償

事故によって他人の財産に損害を与え、法律上の損害賠償責任が発生した場合に支払われる保険金です。

搭乗者傷害

自動車やバイクに同乗していた人が死傷した場合に支払われる保険金です。

人身傷害補償

契約している自動車やバイク、他の車に搭乗しているときや歩行中に、自動車事故によって死傷したり後遺症をおったときに、自分の過失部分を含めた損害額に対して保険金が支払われます。

自損事故保険

自動車やバイクの保有者や運転者、または搭乗中の人が事故によって死傷して自賠責保険から支払いが受けられない場合、保険金が支払われます。

無保険車傷害保険

契約している車やバイクに搭乗している人が、他の自動車やバイクとの事故で死亡や後遺障害をおったときに、相手が無保険車で十分な補償が受けられない時に支払われる保険金です。