50cc Motorcycle

原付二種

原付二種とは、私たちが小型自動二輪と呼んでいるバイクのことです。原付バイクとの差は、ナンバープレートの色と、若干大きい車体だけのように見えますが、運転できる免許の種類や、排気量など、大きな違いがいくつもあります。

原付二種って?

原付二種は、50cc以上のものと125cc以下に大きく2つに分類することができます。排気量が50cc以上90cc以下のものを乙種と呼んで、黄色いナンバープレートがつきます。90cc以上125cc以下になると甲種と呼び、ピンクのナンバープレートがつきます。地域によってナンバープレートの色は異なるようですが、目安としておきましょう。乙種と甲種の違いは排気量とナンバープレートの違いの他、納税額が違ってきます。登録は運輸局ではなく、市町村になります。

必要な免許

一見、原付バイクのように見える原付二種ですが、原付バイクの免許で運転することはできません。普通自動二輪(小型限定)以上の二輪免許で運転することができます。AT限定免許の場合、ミッション系のバイクを運転することはできませんので注意が必要です。

メリット・デメリット

これまで原付バイクに乗っていた人であれば、原付二種のメリットが実感できると思います。

メリット

原付では法定速度時速30kmだったものから開放されます。二段階右折もしなくてすみます。小型免許取得後1年間は我慢しなければいけませんが、タンデムができるようになります。維持費もあまりかかりませんし、自動車の任保険に加入しているのであれば、バイク特約に加入することができますので、低価格で保険に加入することもできるでしょう。

デメリット

デメッリといえば、車種が少なく、選ぶ選択肢が限られているということです。他には、見た目が原付バイクとあまり変わらないので、自動車の運転手からは流れについていっているにも関わらず、追い越しをかけられることが多いので注意が必要です。


また、一見原付バイクと見分けがつきにくいものもあり、原付バイクの法定速度の時速30kmを越えていると、警察が原付と誤認して停車を求められる可能性があります。ナンバープレートの色で判断できますが、夜間などでは見えづらい場合もあります。原付二種の車体には、前方に白いシールと後方に三角マークのものがついていますので、これで原付バイクと原付二種の見分けがつくようになっています。つけなければいけないという義務はありませんので剥がしてもかまいませんが、原付二種であると見分けるためにもそのままつけておいた方がいいでしょう。

任意保険

自動車の運転もそうですが、バイクを運転するのであれば保険に加入しておかなければ、万が一の時に困ってしまいます。自賠責は原付バイクも原付二種も同額ですが、任意保険にまで加入している人は少ないかもしれません。

車の保険を利用する

家族の誰かが自動車を保有していれば、自賠責の他にも任意保険に加入しているでしょう。この任意保険には、ファミリーバイク特約があるはずです。対象は125cc以下のバイクで、対人、対物に適用される特約です。自動車にかけている主契約と同じ条件で賠償ができることになっています。家族が所有するバイクであれば適用され、この特約をつけていれば、125cc以下のバイクであれば、知人から借りたバイクでも保険の対象とされます。ただし、あくまでも対人、対物に適用される特約なので、運転者や同乗者には適用されません。搭乗者、同乗者にも適用される保険は、バイク用の搭乗者障害保険や、交通障害保険などの任意保険に加入しなければいけません。