50cc Motorcycle

原付バイク免許の分類

バイクは排気量によっていくつかに分類することができます。原付と言っても、原付バイク免許で運転できるものと、小型バイク免許が必要なもの、普通自動車免許が必要なものなどがあります。また、それぞれはナンバープレートの色によって見分けることができるようになっています。さっそく原動機付きの免許の分類を紹介していきましょう。

ミニカー

ミニカーはマイクロカーとも呼ばれ、道路交通法令によって、総排気量が50cc以下のものや、定格出力0.6kW以下の原動機を搭載している普通自動車のことを言います。道路運送車両法では原付バイク扱いになっていますが、ヘルメットの着用義務はありません。シートベルトも着用義務はありませんが、安全上、着用したほうがいいのは言うまでもありません。車内の振動や音は大きいのですが、風雨に晒されないのは便利です。

特徴

ミニカーは屋根がついている3〜4輪の原動機付き自転車です。駐車スペースも普通車ほど必要ではなく、燃費はいいのですがスピードはあまり出ません。軽自動車税の基準も、原付バイクと小型二輪の中間になり、車庫も不要で自動車取得税、自動車重量税、車検なども必要ありません。以前は原付バイクの免許で運転することができましたが、現在では普通自動車運転免許以上の免許がなければ運転することができなくなっています。法定速度の上限は時速60kmになっています。高速道路や自動車専用道路の通行はできません。

50cc以下

ミニカーを除く50cc以下の原動機付き自転車を道路交通法などで定めているものを紹介していきましょう。


50ccの原付バイクは、内閣府法令で定める大きさ以下の総排気量や定格出力がある原動機を使い、レールや架線を使わないで運転する車で、自転車や障害者用の車椅子や歩行補助車以外のものを言います。


道路交通法によって定めている大きさは、二輪、三輪以上のものでは総排気量0.05リットル、定格出力は0.6kWとされていて、それ以外のものでは総排気量0.02リットル、定格出力は0.25kWとされています。

125cc以下

道路運送車両法や道路法、高速自動車国道法では、125cc以下を原動機付き自転車とするとされています。この法律での原動機付き自転車とは、国土交通省令で定めている総排気量や定格出力を持つ原動機で、陸上移動を目的として作られているもので、レールや架線などを使わないものを言います。


総排気量は0.125リットル以下、その他のものは0.05リットル以下、定格出力は1kW以下、その他のものは0.6kW以下になります。サイドカーがついているものは除かれます。

高速道路を走れない

125cc以下のバイクは、高速道路を走ることは出来ません。高速道路を通行できる車両が道路交通法ではなく、道路法と高速自動車国道法によって定義されているためです。この法律からすると、125cc以下のバイクは原動機付き自転車の扱いになるためです。

125cc以下

125cc以下の原付バイクは市町村で登録しなければいけません。軽自動車税が課せられる関係で、更に排気量別に区分されます。排気量が50cc以下のバイクのナンバープレートは白、90cc以下が黄色、125cc以下だとピンクのナンバープレートが交付されます。これ以外の排気量は、市町村ではなく、運輸局に登録されることになります。

区分

第1種原動機付自転車

50cc以下

白色

第2種原動機付自転車

(乙)

90cc以下

黄色

第2種原動機付自転車

(甲)

125cc以下

ピンク

ミニカー

水色