50cc Motorcycle

原付独特の交通法規

原付バイクで公道を走る以上、交通法規を知り、守らなければいけません。通常の交通法規の他に、原付バイクだけに適用される交通法規もあります。もちろん守らなければ違反になりますので、しっかりと頭に叩き込んでおく必要があります。原付の免許を取得するときに、原付特有の交通法規も問題として出ていますので、後に自動車免許を取得したあと原付バイクを運転することがあったら、通常の交通法規だけではなく、原付バイクに適用される交通法規を思い出しましょう。

二段階右折

原付バイクは自動車や他のバイクと違い、車線の数によって右折の仕方が違います。片側が3車線以上ある交通整理の行われている交差点では、原付バイクで右折をする場合、二段階右折をしなければいけません。二段階右折禁止の標識のある交差点ではこの限りではないと、道路交通法第34条第5項で定められています。左折レーンのある交差点では、左折レーンから直進ができると道路交通法第35条第1項で定めています。

二段階右折の方法

二段階右折の方法は、走行している車道の左側から1度交差点を直進し、渡った先で原付バイクの方向を右に変えて、右折先の信号が青信号になってから直進します。左側の車線から直進する際に、右ウインカーをあげて直進するとされていますが、その方法を守っている人は少ないようです。周囲の自動車などに対し、右ウインカーをあげながら直進することに対し、反対に危険だと判断する運転者が多いようです。


二段階右折禁止の標識が出ている交差点の場合、右折するために右車線について、右ウインカーをあげ、そのまま右折しても差し支えありません。これを小回り右折といいます。二段階右折禁止の標識の下に、小回り右折という注意標識がついている場合がありますので、この場合、車線の数に関係なくそのまま普通に右折できるということです。

第一通行帯通交義務

片側が2車線以上ある道路では、原付バイクは小回り右折をする以外は、第一通行帯を走行しなければいけません。第一通行帯とは、左側車線のことです。道路は左側から第一通行帯、第二通行帯、第三通行帯…と数えていきます。原付バイクは原則として左側車線を走行し、小型バイク以上のバイクのように、中央の車線を走行したりすることはできません。

30km/hの速度制限

原付バイクの法定速度は、道路交通法第22条第1項、道路交通法施行令第11条によって、30km/hと定められています。リヤカーなどを牽引する場合には、25km/hとされています。原付バイクのスピードメーターでは60km/hまで出るようになっているので矛盾を感じる人や、60km/hまで速度が出るようになっているのだからと、平気で30km/hを上回る速度で走行している原付バイクが多いですが、これは、勾配などで30km/hの力を出すためには、ある程度の出力の上限を設けなければ、勾配のある坂道で30km/hのスピードを出すことはできないからです。よく、法定速度が30km/hなのに、スピードメーターが60km/hまでついているのはおかしい、最初から30km/h以上スピードがでないように設計すればいいという意見を聞きますが、そうしてしまうと坂道を登ることが出来なくなってしまうのです。

その他

誰もがご存知の通り、原付バイクは二人乗り禁止です。二人乗りをするように設計もされていませんので、危険ですから絶対にやめましょう。禁止されているものの1つに、高速自動車国道や、自動車線溶道路を走行することはできません。原付バイクだけに許されていることとしては、自動車や他のバイクでは禁止されていますが、原付バイクは路線バス専用通行帯を走行することができます。

Yahoo!ショッピング商品一覧
Webサービス by Yahoo! JAPAN